気がつけば借金まみれの多重債務者になっていました

自分がまさか多重債務となって、借金まみれで大変なことになるなんて想像もしていませんでした。しかしそれは現実に起こったことだったのです。私は30歳の女性会社員です。
正社員として22歳から働き始め、収入もそれなりに安定していました。新入社員当初は大学時代から付き合っている彼氏もいて順調に社会人としてのキャリアを積み上げているつもりでいました
しかし、彼氏の転勤で次第に疎遠になったことから様子が変わってきました。寂しさを買い物や食事で紛らわすようになっていったのです。
それも安い買い物ではなく高級ブランドのもの、食事も会社の同僚たちと高いランチに行くだけでは物足りず、いろいろなお取り寄せグルメと呼ばれるものを買い漁るなどを続けていました。当然自分の収入だけでは足りなくなり、クレジットカードのキャッシングだけではなく、カードローンを作って借金を繰り返し、気がつけば数社合計で300万円もの残債となってしまっていたのです。
毎月少しずつ生活費を補填してたつもりだったのですが、次第に金銭感覚が麻痺していってしまいました。完全に返済の目処も立たなくなってしまい、本当に恥ずかしい話ですが自己破産をすることとなってしまいました。彼氏にも申し訳ない気持ちとなってしまい別れを決意し、これから必死に新しい自分として立ち直っていかなければと思っています。
自動運転車の損害賠償責任、自動車メーカーに一定の負担を求める仕組みを検討
システムの欠陥による自損事故については2つの見解に整理した。製造物責任法(自動車メーカー)、民法(販売店)によるほか、任意保険である人身傷害保険での対応が適当。もう1案は現行の自賠責保険を見直して、自賠法の保護の対象とする仕組みの検討が必要とする。(続きを読む)