借金返済に困って任意整理を依頼しました

子供のころからお小遣いを溜めたり、計画的にお金を使うのが得意ではありませんでした。高校生になって自分でお金を稼ぐようになってからはいっそう金使いが荒くなり、社会人になってからすぐ、キャッシング、クレジットカード、ショッピングローンの三重苦による返済に困るようになってしまいました
勤めていた会社を辞めてからは借金返済を滞納するようになり払っても払っても借金が減らないという状態に陥ってしまいました
ある時、根本的な解決が必要であることにやっと気づいて、インターネットで弁護士事務所を探しはじめました。たまたま見つけた弁護士事務所が借金問題に強いとのことで、ホームページ上から問い合わせを送ったところ、たいへん親切に相談に乗ってもらうことが出来たので、そのままその弁護士さんに依頼することにしました。その時点での総額を書き出してみたところ、全部で200万円ほどだったので、利息を再計算して過払い金でいくらかを相殺する任意整理の形でお願いすることに決まりました。
気になる費用についても分割払いで支払うことが出来たので、結果としてそれまで続けていた返済よりも楽になりました。良い弁護士さんに巡り合えて良かったと思います。

個人向けカードローン破産――自主規制強化だけでは解決しない
大手銀行などが、収益の柱と捉えていた個人向け無担保融資の規制強化に乗り出した。'16年の個人の自己破産申立件数は13年ぶりに増えたこともあった。果たして実効性は? メガバンクが、「個人向けカードローン」の自主規制強化に乗り出した。 銀行が無担保で個人に融資 (続きを読む)