妊娠中にした借金の債務整理

私はどうしても生活が苦しくて妊娠中に借金をしました。
出産したら働いて返済していけば良いかと甘く考えていたのですが、現実はそう上手くいかずに身体が重くて働くのに苦労していました。もちろん旦那も協力してくれたり、少ない給料の中でやりくりをしていたのですが、それでも養育費も医療費も掛かるので生活は火の車状態であり、いつのまにか自転車操業になっていました。
こんな状態だと家族全員もたないと思って、思い切って弁護士さんに相談してみました。妊娠中にした借金で出産した今も働けなくて返済が難しいと話したところ債務整理を行って一時的に返済ほストップしてもらうのが良いでしょうと言ってくれました。
債務整理の手続きを弁護士さんに任せまして、消費者金融とのやり取りも全て行ってくれました。一時的な返済のストップと返済計画を作成して分割してもらったので毎日のなかでの生活も楽になりましたし、あれから時間も経ちまして私も働けるようになりましたから、以前のような苦しい生活から抜け出すことができました。もちろん子供の方も無事に成長していまして、安心した生活を送れていますから本当にあの時に債務整理をして良かったなと思っています。
米国ローン、延滞に長期化の兆し~eワラントジャーナル(馬渕磨理子) - まぐまぐニュース!
米国ローン、延滞に長期化の兆し~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)まぐまぐニュース!一方、同コラムは足元堅調な米国経済に『不安の芽』が出てきている、と伝えています。現在の米国のローンの返済状況に注目してみたところ、どうやら少しずつ延滞が増えてきているようで、こうした状況は2008年の金融危機の直前に似ている、と同コラムでは分析しています。and more »(続きを読む)